卒業論文

From Ogata Lab.
Jump to: navigation, search

Contents

平成23年度

  • 塚本 耕司,『密度汎関数法による電子状態計算を用いたグラフェンへのナノチップの押下上シミュレーション』
  • 内藤 泰彰,『転位の限界速度シミュレーション』
  • 丹羽 洋平,『GPUの分子動力学シミュレーションへの最適化』


平成22年度

  • 大聖寺 勇人,『固体表面間の不整合性と抵抗力の関係』
  • 寺村 康介,『』
  • 島田 貴章,『グラファイトと高エネルギー粒子の衝突に関するシミュレーション』


平成21年度

  • 下村 拓也,『クラスター衝突によるAr壁面変化に関する分子動力学シミュレーション』
  • 松本 知安吾,『ナノスケール孔からの気泡発生シミュレーション』
  • 水越 智彦,『極小サイズの液滴作成に関する分子動力学シミュレーション』


平成20年度

  • 櫻井 克,『気体の凝集シミュレーション:輻射冷却モデルの違いによる影響』
  • 中尾 太貴,『PlayStation3ゲーム機内蔵計算エンジンCellの科学技術計算への応用』
  • 中村 太志,『超反発のシミュレーション』


平成19年度

  • 熊澤 優一,『MD法を用いたMEMS部品間の運動量輸送評価: 間隙流体の状態による影響』
  • 鈴木 祐太,『MC法を用いた原子クラスターの融点評価: クラスターサイズおよび表面異種原子効果の競合』


平成18年度

  • 阿部 祐也,『大規模並列化MDシミュレーションを実現する諸技法』
  • 大橋 了介,『インタラクティブな分子可視化MDシミュレーション: 時間反転対称な定温化技法の導入』
  • 中村 貴英,『マルチスケール連結化固体の熱伝導シミュレーション: 連結法の違いによる変化』


平成17年度

  • 後藤 謙次,『モンテカルロ法を用いた原子クラスターの融点変化に関する研究』
  • 佐藤 彰矩,『インタラクティブな分子動力学シミュレーション:能勢−Hoover法による温度制御』
  • 清水 紀澄,『SINETとJGN2を学内で利用するためのネットワーク設計』
  • 服部 太,『PCクラスター並列計算機の設計と構築』


平成16年度

  • 秋山 悟之,『OpenGLを用いた分子動力学シミュレーションの動的可視化コードの改良』
  • 岡田 直晃,『モンテカルロシミュレーション法によるアルゴンのナノ固体の融解過程』
  • 和合 純,『リンクリスト法を用いた分子動力学法プログラムの高速化に関する研究』
Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
Contents
コンテンツ
Toolbox