修士論文

From Ogata Lab.
Jump to: navigation, search

Contents

平成24年度

  • 島田 貴章,『シリカ中でのクラック生成に対する含有水分子の効果: ハイブリッド量子古典シミュレーション』


平成23年度

  • 下村 拓也,『ナノクラスターの衝突による微細加工に関する分子動力学シミュレーション』
  • 水越 智彦,『第一原理計算を用いた水分子がシリカガラスの破壊に及ぼす影響の考察』


平成22年度

  • 櫻井 克,『第一原理計算によるシリカガラスの局所構造と機械的特性の考察』
  • 中尾 太貴,『テラヘルツ振動によるグラフェン生成法の提案』
  • 中村 太志,『分子動力学シミュレーションを用いた 固体-流体間における反発係数の見積もり』
  • 樋口 琢磨,『OpenMP+MPI並列によるスーパーコンピューターに向けたMDコードの高速化』


平成20年度

  • 阿部 祐也,『分子動力学法と電子密度汎関数法のハイブリッドシミュレーション:CarbonナノチップのSilicon基板への押下擦り過程』
  • 中村 貴英,『粗視化粒子法の非一様系への拡張:原子緩和粗視化粒子法の開発』


平成19年度

  • 荻須 元思,『ポリマーの分子動力学シミュレーション:粗視化モデル用ポテンシャルの考察』
  • 後藤 謙次,『マルチスケールシミュレーションのための粗視化粒子法の改良:3次元固体適用に向けた精度検証』
  • 佐藤 彰矩,『並列計算機を用いたクラック進展の大規模シミュレーション』
  • 服部 太,『液中気泡の消滅に伴う衝撃波伝播の分子動力学シミュレーション』


平成18年度

  • 飯田 裕樹,『粗視化粒子法の多成分固体適用のための手法開発とその精度』
  • 和合 純,『ハイブリッド密度汎関数法ー分子動力学によるSIMOX初期過程のシミュレーション』
Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
Contents
コンテンツ
Toolbox